”家族募集します”を見た感想!お子さんがいる方は涙必須・・

Uncategorized

7月放送開始!”家族募集します”のあらすじは?

今期夏に放送が開始された、”家族募集します”。

主演はジャニーズWESTの重岡大毅。 重岡が演じる赤城俊平は、5歳の息子”陽”を持つシングルファザー。

ドラマ1話の中盤で明かされますが、俊平の妻は海外での取材中に事故で亡くなっています。

妻が亡くなった3か月後という設定でドラマが始まります。

俊平は児童図書を扱う「エッグプラント」という会社に勤めていて、 育児と仕事に追われる日々を過ごしていました。

毎朝、息子を自転車の後部に乗せて幼稚園へ送り届けてから会社へ出勤。

昼食はご飯の上に焼いただけのウインナーと、決して上手とは言えないレベルの卵焼き。 早めに仕事を切り上げて、幼稚園へお迎えへ行き帰ってからは息子の夕飯の用意。

そんなワンオペ育児に追われながら、彼は悩みを抱えていました。

それは、息子に母が亡くなったことをまだ伝えられていないということです。

息子はママはいつか帰ってくると信じていて、時折母のことを思い出し、「ママはいつ帰ってくるの?」 そのたびに俊平は、必死に話をそらしごまかし続けていました。

そんな中、偶然幼馴染である、仲野太賀演じる蒼介と再会します。

蒼介は俊平が育児に悩んでいると知り、SNSで家族を募集して一緒に暮らし、子育てをシェアしようと提案してきます。

俊平はそんな提案誰も乗るはずがないと呆れていましたが、 なんとその募集に一本の電話が。

かけてきたのは、木村文乃演じる桃田礼でした。 桃田は俊平と同じ5歳の娘”雫”がいました。

小学校の教員として勤務していて、”家族募集します”のSNSを見たのは、 小学校に通う子供の親同士がどうもこじれていて、これから学校に行くと言い出したと小学校から連絡がきた夜でした。

その夜、俊平と桃田はシェアハウスに訪れ、息子、娘同士がとても仲良く過ごしているのを見ます。

息子と娘が寂しい思いをしているのを感じていた俊平と桃田は、シェアハウスを前向きに考えるようになり・・・ 1話ラストでは、家族募集しますのSNSを見たという親子が転がり込んできて・・・!?

家族募集します 1話を見た感想!

私には、俊平と同じく息子がいます。

自分も妻を亡くしてしまった悲しみから抜け出せないまま 育児に追われ、いつも笑顔で振るまっている姿が、とても切なく見ていられませんでした。

さらに息子には母親が亡くなってしまったことを言い出せずにいて、ごまかし、嘘を重ねながら3か月。

息子が「ママに会いたい」と泣き出してしまったシーンでは、私も号泣してしまいました。

どうしても俊平の境遇を自分に重ね合わせてしまい、もし自分が突然夫を亡くしたら・・・ 子どもには本当の事を伝えられるのか?

息子が5歳だったら、夫が死んだという事実を理解し受け止められるのか?

いろいろと考えさせられました。 自分が俊平の立場だったら、とても耐えられる自信がありません。

子どもの為にしっかりしなくては、と考える一方で、夫を亡くした悲しみと育児、仕事・・・ 俊平は本当によく頑張っているな・・・と本当に関心してしまいました。

気になる第2話のあらすじは?

1話のラストで訪問してきた親子、岸井ゆきの演じる横瀬めいくと息子の大地。

シンガーソングライターを目指しているめいくはあまりに自由奔放でマイペース。

さらには息子を置いていなくなった! めいくにはどんな事情があるのか、気になる第2話です。

1話の感想は素直に面白い!今後も見続けたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました